夫婦

敏感肌でも大丈夫|髪にやさしい女性育毛剤

男性の薄毛の治療法

医者

男性に特化したケア

薄毛は性別を問わずに発症する頭髪の悩みですが、特に男性に起こりやすい薄毛はAGAと呼ばれ、専門的な治療の対象となります。20代以上の男性の薄毛はほぼ確実にAGAによるものと言われており、aga治療を継続的に行うことで症状の改善が期待できます。一般的な薄毛の治療では、症状が現れていない部分の頭髪を患部に移す植毛を行うことがほとんどです。それに対し、aga治療は体内物質の調整というところに焦点を当てているのが特徴です。aga治療では主に2種類の処方薬を用います。一つは現在起こっている症状を緩和させる薬品で、もう一つは発毛や育毛に関わる毛母細胞細を活性化させるものです。両方の薬品を組み合わせたうえで、食事や睡眠へのアドバイスも行われるため、多方向から薄毛改善のアプローチが可能となっています。

治療は根気強く

aga治療の際に心得ておきたいのが、長期的な治療期間が必要だということです。一般的にaga治療では1年から3年の期間を要し、その間は継続的な処方薬の服用が必要です。長い治療に思えますが、約3年aga治療を受け続けたほとんどの男性に、症状の改善が見られたという報告があります。長期的な処方薬の投与は体質の改善に繋がり、症状の緩和だけでなく薄毛が起こりづらい頭皮を作るのに貢献します。AGAに悩んでいるのは日本人だけではありません。海外でのAGA治療の動きも盛んで、個人輸入できるようなaga治療のための薬品が販売されています。しかし、含有量が日本人の体質に合っていないことがよくあります。基本的に病院できちんと処方してもらうことが、円滑な治療や副作用への対処にとって重要だといえます。